ミルフルール様20周年記念作品展へ

11月、和歌山のフラワーデザインスクール、ミルフルール様の20周年記念作品展へ行ってきました。
今年はじめに案内状をいただき、楽しみにしていました。

ヨーロピアンデザインの教室ですが、今回は「和」をテーマにした作品
和歌山城近くの文化財「長屋門」が会場でした。
文化財「長屋門」

まずは入り口にいきなり写真撮影スポット。

そして中に入ると、素敵な作品がずらり。
ヨーロピアンデザインと「和」の融合です。

こちらは、和歌山にちなんだ紀州手毬をイメージした宙に浮く“花手毬”42名の合作です。

20名合作の“花のれん”

スタッフ先生の素敵な作品。

そして、スクール代表 摩珠見先生の素晴らしい作品。
障子窓に合わせて空間毎デザインされています。

別日に記念パーティーとブーケショーも開催されるとのこと。
5周年、10周年記念イベントも拝見してきましたが、毎回素晴らしくて、摩珠見先生のプロデュース力の高さにも感動です。

ミルフルール様とのご縁は今から十数年前の私が20代の頃まで遡ります。
その頃勤めていた会社の近くにフラワーデザイン教室があり、その素敵な世界観に憧れ、趣味の範囲で気軽に楽しめるコースを習い始めたことがきっかけでした。毎回お洒落なアレンジメントを習い、楽しく刺激を受けた期間を過ごすことができました。

それからしばらくして、ウェブデザインを専門的に学び、フリーランスで今の仕事をスタートすることになると、すぐにホームページ制作のご依頼を下さいました。

摩珠見先生は私が初めて出会った、好きなことを仕事としてカタチにしている女性。
今も昔も憧れの存在です。